税理士に依頼する費用

会社設立後に税理士と顧問契約をすると、日々の帳簿業務から開放されます。この時間を営業などの時間に有効利用できるため、逆に経営状況がよくなることもあります。万が一税務調査が入った場合は、税理士から説明してもらうことが可能となり、そのときの手間や時間的ロスなども少なくできます。

帳簿付けなど会社設立に必要となる業務は、税理士に依頼しても月々1万円や2万円などそれほど費用はかかりません。なかには法人契約で月額3万円~というところもあります。その分の費用はすべて経費とできるため、結果的に手取り金額は高くなります。毎月2万円の報酬で、24ヶ月契約したとすれば年間24万円の経費が発生します。年間報酬には法人税がかかってきますが、税理士に依頼する費用は経費として引くことが可能です。つまりすべて自分で帳簿を付ける際にかかる法人所得税より、経費をかけて依頼したほうが所得税は安くなる仕組みです。

さらに税理士は決算前に損益と納税額の計画を立ててくれ、効果的な節税対策も教えてくれます。自分で帳簿付けから決算対策までやると時間と手間がかかるうえに、適切な節税対策はできません。問題のある節税対策をして税務調査におびえるより、税理士に依頼したほうが業務に支障はありません。