税務会計を依頼できるメリット

税理士に会社設立から顧問契約を結んでおくと、税務会計をすべて依頼できます。税務会計とは、毎月の帳簿を付ける作業だけでなく、経営対策まで対応してくれる税理士も多くなっています。毎月の帳簿は複式帳簿となるため、会社設立したばかりの人にとって難しい作業でしょう。そんなときに税理士と契約しておけば、複式簿記の知識も不要となり、消費税の申告や決算申告まで対応してもらうことができます。

会社設立後は業務で忙しく、まったく記帳をしておらず、決算時期になり慌てる人もいます。もちろんそのような際でも決算申告の対応をしてくれる税理士はたくさんいますが、申告に必要な書類を用意できないなどの事情があれば対応はできません。申告期間は決算日から2ヶ月以内となり、申告書を提出しなければ大きなペナルティーがあります。普段帳簿を付けていないと申告期間に間に合わないことも多く、会社設立当初から税理士に依頼したほうが何倍もメリットがあるといえるのです。

さらに税理士によっては、毎月経営対策を立ててくれ、その都度見直しができるため、月々の損益の把握がしやすくなっています。決算になって慌てて役員報酬の調整をしても間に合わないことが多く、費用をかけてでも毎月見直すメリットはあります。