会社設立時は税理士に依頼すべきか

会社設立の際には、税理士のサポートを得たいと考えている方も多いでしょう。しかし、一度も会社を設立したことが無い方にとって、税理士に依頼することで得られるサポートや、メリットがわかりにくいと感じるはずです。費用をかけても依頼する理由は、会社設立前に知っておく必要があります。

もしかしたら会社設立後も、記帳を社長自ら付ければ問題ない、税理士に支払う費用がもったいないと感じるかもしれません。税理士に依頼する内容によっては、月額1万円~という小額の報酬額を支払うだけでよいところもあるため、必要以上に経費がかかると心配しなくても大丈夫です。それよりも会社設立にかかる手間を省き、自分がやる場合と同じくらいの費用でやることも可能です。自身で会社設立をやると、定款認証代52,000円、定款の収入印紙代40,000円、登録免許税150,000円が必要となり、合計で242,000円必要です。ところが税理士によっては、定款の収入印紙代と設立手数料を無料にするところもあるため、その場合は合計202,000円で設立できることになります。

税理士に会社設立を依頼する費用はそれぞれ異なりますが、自分でやるのと同等のところも多く、思ったほど費用はかかりません。割り引き価格で利用するには、顧問契約を結ぶことが条件のことが多いようです。それでも会社設立の費用が節約できることや、その後の税務対策も同時にお願いできると考えると、デメリットは少なくなります。顧問契約を結ぶと実際にどのようなメリットがあるのか当サイトで紹介しますので、税理士に依頼するほうがお得なのか判断してみてください。

関連HP『会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所』